Home > 2013年07月

2013年07月

WAVE

cared tree brog


日に日に、日差しが強くなってきて、照りつける太陽が眩しく、
ボサノヴァを聴くには、打ってつけの季節にになってきた。
前回、紹介させていただいたコーラスグループ(ビーチフロント・プロパティー)の
アルバム・タイトルにもなっているボサノヴァ・ナンバー『波』WAVEが涼を誘う。

イパネマの娘、デサフィナードなど、数々のボサノヴァの名曲を生み出した
ご存じアントニオ・カルロスジョビンの代表作の一つでもある。
いく通りもある音符の並べ替えから、夏の情景や涼しげで爽やかなイメージを
表現できるというのは、まさに天才と言うしか、他に言葉が見つからない。

そして、ボサノヴァ独得の複雑で難解、ある意味、曖昧とも感じるコード進行(和音)
も、洗練された奥深さと魅力で、聴く人を惹きつける。


肩を揺らせるリズム  美しいハーモニー

パーカッション や フルート

ダバダバのスキャット と 涼しげな口笛

リオで生まれた ボサノヴァの魅力は 尽きることがない




WAVE 〔Beachfront Property〕 

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2013年07月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top