Home > 2014年03月

2014年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Figure Skating

白銀に踊る

     
               曇りのち晴れ


     ひたひたと足元に忍び寄る 緊張と不安 そして重圧

   過去にバンクーバー五輪や大きな大会は 幾度も経験している

時折リ浮き足立つ気持ちに  平静を装い いつもどおりの6分間練習をこなす

   迫りくる得体の知れないものが 突如 私の目の前に立ちはだかる

     身体は火照り 喉が渇き 焦燥感までが繰り返し襲ってくる

振り払おうと もがけばもがくほど 助長する緊張感に ただ ただ自分をさがす

    気がつけば 茫然と立ち尽くす自分の姿を 氷上が映し出していた

     


胸を揺さぶるのはいつも、たどり着いた姿ではなく、届こうと手を伸ばす純粋な思いの
ような気がする。
不安や恐怖との葛藤、失意に、それでも顔を上げて前に進もうとする姿に、人は初めて
勇気の意味に気付かされることになる。

4年に一度の華やかな大舞台に立つまで、どれだけ多くの苦悩と闇のトンネルの中をくぐり
抜けてきたのだろうと想像した時、私は自分の人生や心を照らし合わせたくなる。




        眠れぬ一夜を過ごし 迎えたフリー演技当日の朝

            コーチが語ってくれた 出来事

  34年前のレイクプラシッド五輪 教え子であった ある選手が残してくれた 

               勇気を授かるエピソード

         サイは投げられた 失うものなど もう何もない

     意を決して飛んだ 運命を左右する振りだしの トリプルアクセル

     スローモーションでコマ送りされた 3回転半のジャンプの着氷に

           そっと誰かが 手を添えてくれたような気がする

         思い描いたように 躍動してくる調子に 身をまかせ

         軽やかにステップ あとは残ったジャンプを こなすだけ

          精いっぱい胸を張って 決めた 最後のポーズに

                無意識に溢れ出す涙

        ソチのスケートリンクに ぽつりと落ちた 涙のしずくは

          きらきらと 美しく 星のように 光輝いていた




各国の選手それぞれ、いろんな思いを胸に刻み、ソチ冬季オリンピックが幕を閉じた。
凝縮された短編の感動的なドラマをありがとう。
しおりを挟んでおいた閉会式というページを読み終わり、SOCHIドキュメンタリーという
タイトルの本をそっと閉じて就寝したいと思う。






上の画像は1962年の映画「白銀に踊る」の主演を演じた、イナ・バウアーとトニーザイラー。
イナ・バウアーといえば、言わずと知れた荒川静香さんがトリノ五輪で金メダルを獲得した時に、
演技で取り入れた技の名称、ルーツはバウアーさんが最初に生み出したことが、由縁である。
オリンピックでのメダルこそないが、国際大会で大活躍した選手の一人だ。

相手役のトニーザイラーは、1956年のコルチナ冬季オリンピックで回転、大回転、滑降で金メダル
の三冠王に輝いた名実ともに、アルペンスキー界では最も伝説に残るスター選手だった。
当時は日本にもファンが多く、スキー場にはザイラーゲレンデと名のつく斜面もある程だ。
俳優としても活躍し、その多才ぶりには驚かされる。
ザイラー氏が主演した映画で最も知られた「白銀は招くよ」は、その主題歌もウインターソングの
定番として大ヒットを記録したことでも、記憶に鮮明である。

このビデオはYou Tubeにしては長いので、ザイラー氏がアルプスの新雪を滑っている始まりの部分
と後半のスケート(ミュージカル)部分だけでも十分に見応えがあるので、ご鑑賞いただきたい。






白銀に踊る INA BAUER & TONI SAILOR





  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2014年03月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top