Home > 2014年08月

2014年08月

Felice Reggio Big Band

felice reggio


ボサノヴァを聞くには快適な季節になってきた。
いつもはヴォーカルアーチストを多く取り上げているので、今回は切れの良い
ビッグバンドをご紹介したい。

現代のチェット・ベイカーと異名をとるトランペット奏者、フェリーチェ・レッジオ
(1960年生まれ)の奏でるフリューゲルホルンは蒸し暑いこの季節に心地よく
鬱陶しさを振り払ってくれる。

曲はボサノヴァの代表曲(イパネマの娘)、ワールドカップ(サッカー)で盛り上がる
ブラジルで生まれた音楽。
残念ながらサッカーの結果の方はと言えば、チームジャパンもネイマールを欠いた
ブラジルチームも悲惨な結果に終わってしまったが、悲観することなく、次に向けて
再起して欲しいものだ。

先日、小、中学から一緒だった仲間達との同窓会があって、高校の頃バンドを組んで
活動していた親友と久しぶりに再会し、お酒の席で懐かしい音楽談義で盛り上がった。
友人は今でも毎日ギターに触れているらしく、当時にも増して腕を磨いたようだ。
その頃、演奏してた曲といえば、スリードッグナイトやディープパープルなどの(ロック)
やクラプトンといったブルースが中心だった。

お互いに長い年月を経て、音楽の趣味や趣向も変化し、現在進行形の話になったが、
たどり着いたジャンルは二人ともほぼ一緒で、ジャズやボサノヴァだったことで、更に
意気投合する結果になった。
その後のメールのやりとりで、時々音合わせをしようと話が進み再結成を持ち掛けた
ところ、友人は新しい冒険への誘いに、二つ返事で快く応じてくれた。

自分はベースとエレガットを掛け持ちしメインヴォーカルを担当、友人はエレアコ、他に
キーボードは友人が心当たりを探してくれていて、残すはパーカッション。
何とか見つかれば、10月のミュージックフェスまでに、5~6曲は仕上げたいと思っている。
夜な夜な、こっそりと家人に気を遣いながら日々ギターとベースの練習に励む事になりそうだ。





La Garota de Ipanema   FELICE REGGIO BIG-BAND 




  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2014年08月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top