fc2ブログ

Home > Fashion > St.James Story Part 3

St.James Story Part 3

st.james old tagg

セントジェームスのバスクシャツをはじめて日本に輸入し、紹介したのが
現在の日本総輸入元代理店の社長、細貝氏である。
1970年代後半、当時はヨーロッパからのインポートアイテムは希少でめずらしく
好奇心や興味をそそる存在でもあった。特にフランス物はアメリカやイギリス物
にない独特の上品さがあり、ひと際おしゃれ感を漂わせていたように思う。
同じ頃、細貝氏のお兄さんが日本に最初に持ち込んだのが同仏のエスパドリュー。
他にはピカデリーのストレッチジーンズやシピーといったブランドも輸入され始めた
時期だと記憶している。

私が最初にセントジェームスのバスクシャツに出会ったのは六本木・交差点に近くに
あったアウトポストというお店で、もちろん日本で初めて取り扱った老舗中の老舗
である。その後、近くに移転したといううわさを聞いたが、今も現役の元祖セレクト
ショップである。当時はまだカラー展開が少なく、生成りxネイビー、紺x生成り、
生成りxサックスぐらいしか店頭になかったと思うが、はじめて目にした時の印象は、
生地の風合い、色合いといい、独自の雰囲気をもった洋服の表情に感動させられた
記憶が今でも鮮明に脳裏に焼き付いている。
長年洋服にたずさわり、数えきれないほど膨大な量の服達を見てきても、なかなか
感動に値する製品に出会えるなどということは、ごく、ごく稀なのである。
セントジェームスのバスクシャツが持つ独自の風合いや色合い、雰囲気や細部に至る
表情までは、日本や他国の優秀な生地メーカーや縫製工場がどんなに努力して似たような
製品を作っても追いつけないのが、名品の名品たる所以なのである。

その時々の流行の変化や時代背景によって多少の波はあるものの、これだけの
ロングセラーを続け老若男女を問わず愛され続けているカットソーブランドは、
私の知る限りでは存在しない。まさに永遠の定番と言われるにふさわしいアイテム
なのである。

St.james OUESSANT Basque Shirt ¥9、450

Home > Fashion > St.James Story Part 3

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top